リバイバル ねこっちー!

黒猫ぎん(♂)と灰猫ソラ(♀)の
7年前の今日のブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ぎん&ソラ 家に帰る
JUGEMテーマ:にゃんこ
 

お越しくださってありがとうございます。

たのしい旅行もあっという間に終わり

ぎん&ソラもお家に帰ってきました。


  mimi さん

  あたしが買った mimi-ko ちゃんへのお土産は?







    そうそう

    これでした。








     ぎんちゃんがヴィラージュで買ったカリカリは?






え? くいしんぼうのお友達と

飛行機の中で食べてたじゃありませんか?


       にゃにゃっ?! そうだっけ?




mimi さん、 このマカロンはあたしのかしら?     






いいえ、 私のです。



どの子も適当なことを言っています。

時差ぼけでしょうか ・ ・ ・




        明日は エリア55さん の

        可愛い猫ちゃんの「お城シリーズ」のご紹介です。

        どうぞお楽しみに♪





いつも温かいコメントありがとうございます。

体調不良によりコメントは後日、いたします。











| comments(28) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅ベルシー・ビラージュ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


「ぎんちゃん旅行クラブ」に


ご参加ありがとうございます。


だらだらと書いている間にも最終日を迎えました。


本日もどうぞご一緒くださいね。




さて、私たちのツアーがパリで滞在しているホテルは


「キリアド パリ ベルシー ヴィラージュ」です。


地下鉄14号線の クール サンテミリオン駅から


徒歩5分のビジネスホテルです。






クール サンテミリオン駅の駅前には


「ベルシー ヴィラージュ」という


ショッピングモールがあります。


かつてのワイン貯蔵庫を改装したもので、


とてもおしゃれです。


お昼間はのんびりしたショッピングモール








夜は地元の人たちや観光客で


レストランやカフェは大賑わいです。







  
 みんなとっても楽しそうにおしゃべりしてるわ。


 フランス人って夕食をお外で食べる人も多いのね。




さて、というわけで


ツアーの最終日はホテルに16時集合です。


それまで「ベルシー ヴィラージュ」で


少しお買い物ができそうです。





  まぁ!


  とっても素敵なお菓子のお店があるわ!








フランスの伝統的なお菓子のお店ですね。


箱やラッピングもおしゃれですね。







   ここはにゃんだろう? 


   Animalis ?






中に入ってみましょうか。


ペットショップのようです。




    見て! なんて可愛いの!






      もぐもぐ  もぐもぐ



  きゃはは〜 ぱんちでちゅ えいっ!


  にゃっ やられちゃったでちゅ




      ん!


      おにいちゃんたち だれでちゅか?!







   うふふ♪ こんにちは。 


   あたしはソラです。


   同じロシアンだから遠い親戚かしら?





   きっとソラちゃんの甥っ子と姪っ子にゃ





「2012年7月29日生まれ 


  男の子800ユーロ 女の子1000ユーロ」 


だそうです。


男の子が1にゃん、予約済みですって。




   どの子もお幸せにね〜♪







そうですね。とっても可愛い子たちでしたしね。




  うん、ごはんを食べていたにゃ 


  ぎんちゃんも食べたい・・・





では 地下の食品売り場に行ってみましょうか?


いろいろな食品がありますよ。


野菜はここはパックもありますが、


計り売りもしていますね。









    あ! ごはんにゃ








はいはい


では好きなフードを選んでいいですよ(笑)




それではいよいよ帰路につきます。


私たちの乗る飛行機は20時発ANA206便です。


帰りはドゴール空港から成田への直行便です。


早めに空港に行ってチェックインをすませます。












楽しかった「ぎんちゃん旅行クラブ」も


あっという間に終わりました。 


最後までご一緒くださいまして


本当にありがとうございました。





  たくさんのコメント、ありがとうございました。


  みなさんとご一緒できて、


  とても楽しかったです。    ソラ





  ありがとにゃ〜 


  また一緒に行こうにゃ〜   ぎん










 
| comments(25) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅ノートルダム寺院とサント・シャペル
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加いただき


ありがとうございます。


パリは日本に比べ緯度が高いので


秋分の日を越えると、いっきに日が短くなります。


感覚としては朝、明けるのが遅く感じます。


10月ですと7時ではまだ薄暗く、


8時になって空が明るくなります。





< 最終日 6日目 >



いよいよ旅行の最終日となりました。


今日はセーヌ河の中洲・シテ島に行ってみましょう。


シテ島はパリ市内でもっとも古い歴史を持つ地区で




「パリ発祥の地」とも言われています。


地下鉄で「シャトレ駅」まで行き、


景色を見ながらシャンジュ橋を歩いてシテ島に入りましょう。


左手にコンシェルジュリーが見えてきました。


王室管理府として造られた建物ですが、


フランス革命後は牢獄として使用されました。 


マリー・アントワネットもここで最後の時を過ごしました。






シテ島は小さな島です。 


建物に見とれて歩いているとすぐ対岸に


出てしまいます。10分ほど歩くと


島の東端にあるノートルダム寺院に着きます。








 ソラ  とても荘厳なゴシック建築だわ


     よく見ると細部まで彫刻で飾られているわ





この正面の塔には登れるんですよ。


ただし狭くて高い階段を380段くらい上ります。


体力に自信のある方はぜひ挑戦してくださいね。[€9]


階段を上りきると伝説の怪獣「キマイラ」がお出迎え、


「ノートルダムの背むし男」の舞台そのままだそうです。






  ここからでも少しキマイラが見えるわ。




  そういえばノートルダムってよく聞くにゃ


  チェーン店?






そうですね〜 


ストラスブールにもシャルトルにもありましたよね。


ノートルダムとは「聖母マリアに捧げられた」という


意味だそうです。なのでここは


「Cathedrale Notre-Dame de Paris」 


(パリのノートルダム寺院)と呼ばれています。


それでは中に入ってみましょう。






天井も高く、荘厳な雰囲気です。


とても深い信仰が感じられますね。


ステンドグラスに彩られたバラ窓も素晴らしいです。










それでは今度は外回りをぐるっと回りましょう。


この寺院は見る角度によってとても雰囲気が違います。





  この面の建物には


  ギザギザした柱がそそり立ってるにゃ




  まぁ 


  南側にはお花がいっぱいの花壇があって綺麗♪







ではこれから街中を通って


「サント・シャペル」に向かいましょう。


行く間にも重厚な歴史的建物が沢山ありますね。



正面は裁判所、その隣りのとんがり屋根がシャペルです。


写真には写っていませんが、


左手にはパリ警視庁とパリ市民病院があります。








通り沿いの入り口からセキュリティーを通って


中庭に入ります。中庭の「サント・シャペル」の


入場券売り場でチケットを買います。


シャペルは2階建てで、


1階は一般庶民用の礼拝堂(お土産店あり)


2階が王家の使用した礼拝堂です。









  2階はすごいにゃ! 


  全ての壁面にステンドグラスにゃ!





  素敵!


 「ゴシックの宝石」と呼ばれるだけあるのだわ!




    



左から順番に1134の聖書の物語が


ステンドグラスで表現されているそうです。






シャペルを後にし中庭を抜けると


お隣は最高裁判所です。 


こちらも見学ができるそうです。






最高裁判所の中庭から見る門。


向かい(左奥)は郵便局の建物だそうです。





  すごいにゃ! 


  どっちを見ても歴史にゃ





そうですね〜 


日本も2000年の歴史を持つ古い国ですが


このように街中に歴史的建造物が


普通に建っていませんよね・・・


しかもパリではそれらが 


まだ(用途を変えて)使われています。










   まぁ  


   あちらこちらに可愛いお店があるわ


   ちょっと見ていっていい?





そうですね〜 ちょっと覗いてみましょう。


お花やさんやオーナメントショップ、


もうすぐハロウィンなのでディスプレイも素敵です。















   素敵なものがいっぱいで嬉しくなっちゃう!



   あのぉ・・・


   それでもお腹はすくんですが・・・





そうですね〜 


それではツアーの集合時間もありますし

シテ島はここまでにして、


地下鉄でホテルに戻りましょう。


途中、どこかカフェを見つけて昼食にしましょう。






  にゃっ あったにゃ


  っていうか、通りにはカフェがいっぱいで


  探すというより、どこに入っていいか迷うにゃ






本当ですね〜 そしてどこも適当に混んでいて


感じの良さそうなカフェばかりです。 


ではここにしましょう。






  「いらっしゃいませ。


   お茶ですか?お食事ですか?」





お食事にします。


チキンのグリルとデザートはアップルタルトにします。









日本の街角カフェと同じと思ってはいけません。


お料理もなかなか本格的です。


そしてアップルタルトは・・・とっても大きいです。




   しかも おいしいにゃ!




よかったですね。では本日はこのへんで。


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」に


ご参加ありがとうございました。




  今日もご一緒くださって


  ありがとうございました。   ソラ




  これ食べたら、次はどのカフェに行く? 


  もぐもぐ・・・          ぎん








エリア55さんのブログ


 
「エリア55レポート」 さんにて


 ドイツ・パリの旅のコラボ企画


 かわいい猫ちゃんたちの「お城シリーズ」を


 絶賛公開中です! ぜひご覧くださいね。


     





 


 

| comments(20) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅オルセーとオランジェリーと凱旋門
JUGEMテーマ:海外旅行 総合



本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」に


ご参加くださいましてありがとうございます。


旅行もいよいよ5日目となり、本日は自由行動です。





< 5日目 >



昨日は午後から晴れてきたパリですが


今日は朝から雨になっています。


ヨーロッパの秋のお天気は目まぐるしく変わります。





  ソラ    お天気が悪いわ・・・ 


        どうしましょう?






では美術館に行きましょうか。


前回行った「オルセー美術館」ですが


改装も終わり、印象派展示室が完成したそうです。







  ぎん  にゃっ!入り口に列ができてる




そうですね。 


フランスでは美術館や博物館に入るときは


まずセキュリティーチェックがあります。 


それで混んでしまいます。


中でチケットを買って、会場へと入ります。






オルセー美術館は1900年のパリ万博の時、


駅として作られ、その後、美術館になりました。


なのでとても変わった、というか


おしゃれな形をしています。


セーヌ河クルーズでボートから見たオルセー美術館を


覚えていますか?




   ええ。 大きな時計がついていたわ。




そこは(美術館の)休憩室で、


時計は窓になっていて外が見られるんです。








 まぁ 素敵!


 時計窓から対岸のルーブル美術館が見えるわ!






オルセー美術館の印象派の展示室は


壁の色が濃い緑色や紺色で


絵画が引き立つ展示の仕方になっています。




 館内の作品の写真撮影は禁止なのでHPでご覧下さい


   →  
新生オルセー美術館




  ゴッホやマネ、ルノワール・・・


  有名な画家の絵がいっぱいにゃ


  そのせいか歩いているだけでお腹がすくにゃ






大丈夫、ここには人気のレストランがあります。


そう、巨大な天井画やシャンデリアの美しい


「デュ・ミュゼ・ドォルセー」です。












日替わりメニューの「本日のランチ」にします。


サーモン、チキン、ライスサラダの盛り合わせです。


レモネードも注文しましょう。







デザートはフロマージュの乗った


クレーム・ブリュレです。


飲み物はエスプレッソにしますか? 


ティーにしますか?









一日じゅう見ても見切れない美術館ですが


ここまでにしてソルフェリーノ橋を渡って、


対岸の「オランジュリー美術館」に向かいます。




   あらら? 錠前がたくさん付けてある。



   カギで願いをかけるのにゃ




ちょうどボートが橋をくぐっています。








チュイルリー公園の中にあるオランジュリー美術館は


モネが描いた8枚の「睡蓮」の大作を展示するために


設計され建てられました。


円形の室内にぐるりと展示してあり


自然光の中、自分が絵の中にいるようです。


素晴らしい演出です。








こちらも写真撮影が禁止なのでHPをご覧ください。



   →  
オランジュリー美術館





ぼちぼち雨が止んできました。


ではこのままセーヌ河沿いを西に歩き


「グラン・パレ」まで行ってみましょう。







セーヌ河クルーズの時に見た


お屋根がガラス張りの建物を覚えていますか?


「グラン・パレ」はパリ万博の際、


メイン会場として使われました。


新幹線でご一緒したお兄さんが


「企画展が無かったら入れるので、ぜひ見に行って」と


教えてくれたところです。





   にゃ! 


   正面玄関には「VIP専用」って書いてある







あらら〜 なにか企画展をしていますね。


アウディがたくさん並んでいます。。。






   今度は「パリ・コレ」の時に来たいのだわ。



   ソラちゃんなら


  「にゃん・コレ」に出れるかもにゃ




   ありがとう。 がんばるのだわ!





ではこれから


ぶらぶらシャンゼリゼ通りを凱旋門まで歩きます。


ルイビトンやカルティエなどといった


ブランドショップが並びます。


どこに入りましょうか?





  パパさん  



   みなさん、今回の自由ツアーでは


   この通りはウインドショッピングのみの予定です。






ええっ?!


せっかくの円高で日本で買う半額くらいの価格に


なっているというのに!


納得いかないまましばらく歩くと 


「凱旋門」が見えてきました。







シャルル・ド・ゴール広場に立つ「凱旋門」は


ナポレオンがオステルリッツの戦いの勝利を


称えるために造らせたもので1836年に完成しました。


地下のチケット売り場で入場券を購入し


272段の螺旋階段を上ると、パリの街が一望できます。












「凱旋門」を中心に12本の大通りが集まります。


正面の通りはシャンゼリゼ通りです。







写真の右には「エッフェル塔」、


正面の長方形のビルは「モンパルナスタワー」です。







足元には第一次世界大戦で戦没した


戦士のお墓があります。


いまでもひんぱんに追悼式が行われています。







もう午後7時になりました。


パリの1日はあっというまに過ぎました。


それではホテルに帰りましょう。


夕食は近くのキリアドベルシービレッジで


いただきましょう。本日はこのへんで。




 ぎん   今日もありがとうにゃ〜


      明日も一緒に行こうにゃ〜






 ソラ   お付き合いくださってありがとうございます。 


     TGVのテーブル席で相席になったお兄さんが


     気になるって方は記事の続きをご覧くださいね












 
続きを読む >>
| comments(22) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅バトー・パリジャン
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
 

「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ!


本日からいよいよパリのご案内です。



バスは市内の観光要所を回り


セーヌ河のクルーズ船乗り場にやってきました。


今から約1時間、「バトー・パリジャン」に乗って両岸の


美しい景色を楽しみましょう。 遊覧船の前方は屋根&


ガラス窓の室内、後方はオープンデッキになっています。


椅子の取っ手にイヤホンがあり日本語で説明が聞けます。


それでは出発です。




エッフェル塔前のイエナ橋から


シェリー橋までの約8kmが


世界遺産に登録されています。





ソラ 前回はナイトクルーズだったわね。


   今度は昼間の様子が見られて嬉しいのだわ。







セーヌ河にかかる橋をくぐっていくと、


左手に「グラン・パレ」が見えてきました。


ここはパリ・コレの会場としても利用されています。





 ぎん  屋根がガラス張りになっててオシャレにゃ









    橋も豪華ね!




「アレクサンドル3世橋」です。






そういえばパリのセーヌ河にかかる橋は


全部で37本だそうですよ。 


たくさんあって便利ですね。









右手に「ブルボン宮」です。


18世紀の建物で現在は国会議事堂として使われています。









続いて右手に「オルセー美術館」。 


時計のところが窓になってるんですよ。










中洲の「シテ島」が見えてきました。


「ノートルダム寺院」です。
 






後ろ姿はとても独創的なデザインです。



   ええ! 


   同じ建物とは思えないのだわ。








中洲には「シテ島」と「サン・ルイ島」があります。


この「サン・ルイ島」のシュリー橋をくぐり


ユーターンして今度は島の反対岸を遊覧します。








左手には「ルーブル美術館」です。 


かなり大きい(長い)です。











   あ、見て!


   あそこに天使が飛んでるぅ〜






えええ?!


あ、雲が虹色に光っています。 


彩雲ですね!


お写真に写るでしょうか?








遊覧船の船着場に戻ってきました。


エッフェル塔前に到着です。






   セーヌ河から見上げるエッフェル塔も


   かっこいーにゃ!






そうですね!


パリに着いたときは少し雲っていましたが


遊覧船に乗っている間に晴れてきました。


紅葉も美しく、風もさわやかでいい日に来ましたね。


ではこれからホテルにチェックインします。


本日はここまでに。


みなさまのご参加、ありがとうございました。






 ありがとうにゃ〜明日も一緒に行こうにゃ〜



 前回のセーヌ河クルーズはこちらです。


 お時間のある方はぜひご覧ください。





 2010年 12月2日 フランスパック旅行















 
| comments(28) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅ストラスブール大聖堂とTGV
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


ぎんちゃん旅行クラブ


「ドイツロマンチック街道とパリの旅」にようこそ!


ノイシュバンシュタイン城を見学し、


ウルムの街で昼食をとり、


バスは5時間半(381km)かけて


フランス・アルザス地方のストラスブールに到着しました。


夕食は本日、宿泊するホテルでいただきます。




   ぎん   待ってました!




アンティチョークのサラダ





鴨のロースト肉




アイスクリームケーキとエスプレッソコーヒー




 ぎん  とっても美味しいにゃ〜




 ソラ  お食事付きのツアーだと


    その地方の名物料理が食べられて嬉しいわ





そうですね! 


ドイツ語もフランス語もさっぱりなので


メニューがあっても分かりませんし、ね〜(笑)









< 4日目 >



みなさま、おはようございます。


私たちはフランス・アルザス地方の


ストラスブールに来ています。


ストラスブールとは「道の街」と言う意味で、


中世から今日に至るまで、


交通の要所として栄えています。 また国境を


接するドイツとは石炭などの地下資源をめぐって


領有権争いをしてきた歴史があります。





  フランスだけど、独特な街でもあるのね。

 








それでは徒歩でイル川に囲まれた旧市街をまわります。


この地域は「大きな島」と呼ばれ、


ユネスコの世界遺産に指定されています。




ストラスブール大聖堂(ノートルダム大聖堂)です。







  ぎん   すごい!


      高くて荘厳な大聖堂にゃ





聖堂内のステンドグラス、


パイプオルガンも素晴らしいですね。








色とりどりのステンドグラスです。


この形を「バラ窓」と呼ぶそうです。






1842年に作られたからくり時計も有名です。


お金を入れると、ライトがついて動きます(笑)

 

    チャリン〜



上の段からキリストと12使途、下の段には子供、


それにあわせて鐘つきや、鶏の声も聞こえてきます。


下の方には「分」を天使が指し示しています。


いろいろと凝った造りの時計ですね。








大聖堂からしばらく歩くと 


「プティット・フランス」です。


イル川とその運河沿いに木組みの家が並ぶこの地区は


水を必要とする粉屋や漁師、


革なめし職人が暮らしていたそうです。


アルザス地方の古式ゆかしい街並みが今も残ります。










それでは、このまま歩いて


フランスの新幹線TGVの駅まで行きます。




   にゃ? 


   ガラス張りの変わった建物が見える







これがTGVストラスブール駅舎です。


昔の建物を守るために、


上からガラスのドームで覆ったそうです。




    にゃんて いい考え!







それではTGVに乗って、一路、パリを目指します。


乗車時間は2時間20分です。










パリ駅に到着です。




 一生に2度も来られるとは思わなかったわ。



 うん、なんだか懐かしいよね



 ふふふ 猫吉之進さんのイラストみたいに

 おしゃれをして歩くのだわ♪


     






それでは本日はこのへんで。


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」に


ご参加くださいましてありがとうございました。


明日はパリ市内観光です。




 ぎん   ごいっしょくださってありがとにゃ〜



 ソラ   猫吉之進さんの素敵なイラストを


      <記事の続き>で、ぜひご覧下さい。


 

続きを読む >>
| comments(24) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅ノイシュバンシュタイン城とウルム
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


本日も ぎんちゃん旅行クラブ


 「ドイツロマンチック街道とパリ」に


ご参加くださいましてありがとうございます。





< 3日目 >



本日はいよいよ旅のハイライト、


白鳥城と呼ばれる


   「ノイシュバンシュタイン城」です。


このお城は1869年にバイエルン国王の


ルートヴィヒ2世の命で着工されました。


ワーグナーのオペラへの情熱の詰まったお城ですが


費用が莫大なため、途中、工事は王の幽閉という形で


中断され王の死によって中止、


「未完の城」となっています。


ところで、悲しいお知らせです・・・ 





 ぎん    雨にゃ・・・





昨晩までよいお天気でしたが朝から冷たい雨です。


晴れれば遠くの山々まで見渡せる絶景も


今日はぼんやり霧の中です。




さて、ノイシュバンシュタイン城の見学には


細かいルールがあります。


入り口の案内所でチケットを購入し、ツアー番号と


時間を確認します。その時間に間に合うよう徒歩、


馬車、専用のバスのいずれかで入城口に向かいます。


今回は専用バスで登ります。







バスを降りたら5分ほど歩きます。





このアプローチからの眺めがとても良いです。


眼下にアルプ湖も見えます。






ノイシュバンシュタイン城も見えてきました!




 ソラ   あらら〜  修理中じゃない?


     しかも「マリエン橋」も渡れないのだわ






ものすご〜く残念ですね。 


そこからの眺めは絵葉書にも載る観光スポットです。







まぁ そういうこともあります(泣)


気を取り直して入城しましょう。







中庭でツアー時刻まで待ちます。


同じ言語のツアーグループが一緒に入ります。










(中庭までは撮影できますが内部は禁止です)




控えの間→玉座の間→寝室→居間の順に


日本語の解説を聞きながら回ります。


その内装は 壁や柱、家具の装飾はもちろん


取っ手や蛇口の1つまでとてもとても豪華です。


これでは資金の時間もかかるわけですね。







お城の見学後は道を下り、 


ツアーバスの駐車場まで降ります。


そこにはお土産物店もありますので、


お買い物もできます。





   そうなのね〜では急ぎましょう!




ソラちゃん、欲しいものがあるんですね(笑)




   シュライフ社のくまちゃんが欲しいの。


   パパさん、買って?





パパさん  


  では1つ、買ってあげるね。





      わーい! これは?




もっと右隣りの吊るしてあるのにようか?




    ええええっ〜  ちっちゃいぃ〜





やはり本場といえどもお高いですね。


しかしこのずっと後、日本で売っている


シュタイフ社のくまちゃんがもっと高いことに気づき


このとき「ソラちゃんが欲しい」と言った


大きい方を買っておけばよかった・・・と


パパさんは思わされることになるのでした。。。







それではバイエルン地方を後にして


フランスのストラスブールに向かいます。


途中、「ウルム」で昼食をいただきます。




道路標識が見えてきました。 「ウルム」です。






ウルムはドナウ川沿いにあり、


中世より交通の要所として栄えました。


またアインシュタインの出生地としても有名です。




  あら? 高いとんがりお屋根が見える!





あれは「ウルム大聖堂」です。


1337年に起工され、1890年に完成したそうです。


尖塔を含めて高さが161.53mあり、現在でも


教会建築としては世界一の高さを誇ります。







それではウルムの街を見ながら


レストランまで歩きましょう。








大通りはビルが並んでいますが


一筋入ると、


中世を髣髴とさせる木組みの家が並びます。







   ハロウィンのカボチャだわ♪






    レストランに着いたにゃ♪






昼食はツアーに含まれています。


細切りのパン入りのスープ





マウルタッシェン(ドイツ風ラビオリ)




アップルシュトゥルーデル





それではまたバスにご乗車いただき


いよいよフランスに向かいます。



それでは今日はこのへんで。


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」に


ご参加ありがとうございました。





 ソラ   ありがとう。 楽しかったです♪



 ぎん   明日もいっしょに行こうにゃ〜






 

  ノイシュバンシュタイン城の公式HP


  内装の写真が僅か(画面上部)ですが見られます

 

 







 
| comments(28) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅ローデンブルグとヴィーズ教会
JUGEMテーマ:海外旅行 総合


本日も ぎんちゃん旅行クラブ


「ドイツロマンチック街道とパリ」に


ご参加くださいましてありがとうございます。


バスはヴュルツブルクを出て


「ドイツロマンチック街道」を南下しています。


街道沿いには畑や牧場、


ところどころ菜の花畑も広がっています。








バスはローテンブルクに到着です。


ローテンブルクは中世の街並みを残す街道屈指の


人気都市です。1618年に起こった30年戦争の際


当時の市長の機転で破壊を免れたため、


今でも中世の建物が残っています。


市壁に5つある門のうち


「シュピタール門」から入場します。







市壁の中は石畳の道と、木組みの美しい家並みが


続きます。













街の中心は「マルクト広場」です。 


広場の正面は「市庁舎」です。 


1250〜1400年ごろにゴシック様式で


建造されましたが、のちに前方部は


ルネッサンス様式で再建されました。


堂々たる風格ですがお花が飾ってあって可愛いですね。







  ぎん  とっても可愛い街並みだけど


      お腹がぺこにゃ





そうですね。 


ツアーにはここの名物料理も含まれています。


サラダとメインディッシュは魚のオーブン蒸し、


デザートはアプリコットケーキの生クリーム添えです。










お食事の後は街の散策です。


どうぞみなさま出発までご自由にお過ごしくださいね。








  ぎんちゃんはさっき見つけた


  お菓子屋さんに行くにゃ


  シュネーバル、食べてくるにゃ

 



おやおや


ぎんちゃんとそのお友達の食いしん坊の一団が


デア・ベッカー・フィッシャーに向かって


駆けて行きましたよ。







 あたしは行きたいお店があるの。 


 えっと、このあたり・・・


 あった! 


「ケーテ・ウォルファルト」、ここだわ♪






おやおや


ソラちゃんとお友達の可愛いもの好きの一団が


クリスマス雑貨のお店に入って行きますよ。





 わぁ! ステキっ!


 お店の中はツリーやオーナメントでいっぱいだわ!







  お店の間口は狭いけど、


  中は吹き抜けの地下階まである!


  すごーい! 


  お店の中に広場やお店があるのだわ!


  みんなが小人さんみたいに見える。






とっても素敵なお店ですね。


この他にもテティベアの専門店、


人形とおもちゃの博物館など


いつまでいても飽きませんね!


なのに・・・ もうお時間です(泣)





これからまたバスに乗り、


街道沿いの小さな村シュタインガーデンに


向かいます。


ここの村には小さいながらも凝った造りの天井画と


涙を流したといわれる奇跡の「キリスト像」が


安置されている世界遺産「ヴィーズ教会」があります。





 (撮影禁止のため、内部のお写真はありません)




内部の装飾はロココ様式の最高傑作と言われています。


当時の人々の信仰の厚さが感じられる教会です。





それではこれから本日の宿泊地フィッセンに向かいます。


フィッセンはロマンチック街道の南端でもあり、


アルペン街道にも連なっています。


緑と水に囲まれた坂の多いこじんまりした町です。



そしてノイシュヴァンシュタイン城への


観光の拠点となっています。


夕食はこのフィッセンのホテルでいただきます。





     さっそく夕食にゃ♪





夕食もツアーに含まれています。


サラダ、ローストポーク、ブリュレ、ドイツビールです。






それではみなさま、どうぞごゆっくり


お夕食をお楽しみください。本日はこのへんで。


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加、


ありがとうございました。





 ぎん  明日もみんなで食べまくろうにゃ〜




 ソラ  まだちょっと元気があるよ♪と


     おっしゃる方は


     どうぞ<記事の続き>をご覧ください。


    「ライトアップツアー」にご招待いたします。








 ウィキペディアの「ヴィースの巡礼教会」


 天井フレスコ画の写真がクリックで見られます。


      







 
続きを読む >>
| comments(24) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅マリエンベルク要塞と司教館
JUGEMテーマ:海外旅行 総合



ぎんちゃん旅行クラブ


「ドイツロマンチック街道とパリの旅」へようこそ!



昨晩、私たちは「ドイツロマンチック街道」の


北の基点となるヴュルツブルクに着きました。


これから2日間かけて街道沿いの町を見学しながら


バスで南下します。





< 2日目 >




 ぎん  ハムもチーズもパンもいろんな種類があって


     とってもおいしいにゃ!


     しかも食べ放題!







 ソラ  ぎんちゃん、


     だからといってずっと食べていたら


     出発に間に合わないわ。





本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加、


ありがとうございます。


ここ、ヴュルツブルクは紀元前1000年ごろに


ケルト人が砦を築いたことから始まり、以来、


フランケン地方の中心地となっています。



本日、最初は当時作られた要塞を基礎とし、


13世紀に教会や領主館のある形となった


「マリエンベルク要塞」を見学します。


小高い丘の上にあります。






 
   とても高く立派な砦だわ。


   といって簡素ではなく彫刻もたくさんあるわ。







ヴュルツブルクは何度も戦場になったので


この砦や市街の建物なども壊されましたが、


そのつど修復されたそうです。


この要塞から風景が一望できます。




   郊外にはぶどう畑がひろがってるにゃ!







   旧市街の街並みは絵本のように素敵!






     紅葉も美しいですね!






眼下に流れるのは「マイン川」です。


ちょうど正面真ん中にある黒い屋根と


ベージュの壁の大きな建物が見えますか? 


世界遺産の「司教館(レジデンツ)」です。


ではこれから見学にまいりましょう。







市内は徒歩での見学です。


マイン川にかかる「アルテ・マイン橋」を渡ります。







渡り終わって振り向くと、


今までいたマリエンベルク要塞が丘の上に見えますね。







路面電車の通る大通りに沿って歩きます。






「聖キリアン大聖堂」が見えてきました。






この教会は正面から見るとゴシック調ですが


横に回るとロマネスク様式になっています。







  あ、教会の合唱団の子たちだわ。




そうですね〜今日は日曜日です。


礼拝があるんですね。







さらに歩くと世界遺産「司教館」に到着です。


18世紀に司教たちの住居として建てられた司教館は


バロック建築様式を代表するヨーロッパ屈指の宮殿です。


「階段の間」には世界で一番大きいフレスコ天井一枚画が


あります。お部屋の装飾もとても豪華です。


ナポレオンもその素晴らしさを称えたそうです。



  (内部撮影は禁止のため写真はありません)










それではみなさま、バスにお戻りください。


これからロマンチック街道を約69km(バスで1時間)


南下し、次の街「ローデンブルク」にまいります。 


それでは今回はこのへんで。 


本日もご参加ありがとうございました。





  ソラ   一緒に歩いてくださって 


       ありがとうございました。





  ぎん   明日も一緒に行こうにゃ〜










      ヴュルツブルクの司教館の紹介


      少しだけお写真があります。













 
| comments(30) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
# ドイツ・パリの旅飛行機往路・ロンドン
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
 

ぎんちゃん旅行クラブ


「ドイツロマンチック街道とパリの旅」へようこそ!




< 1日目 >




  ソラ   ぎんちゃん!

       飛行機がイギリス上空まで来たのだわ!








  ぎん    もぐ もぐ  もぐ もぐ






  ぎんちゃん! 見て!

  イギリスの田園地帯なのだわ!





  おいしい作物がいっぱいとれそうだにゃ







   よく晴れていて きれいなのだわ。


   あらら? あっちのほうだけ、雨になってる。






 
  雨が降ってるのはロンドンだったのね


  あ、タワーブリッジ!







 mimi  川岸に 観覧車のロンドン・アイ と


       ビッグ・ベンも うっすら見えますよ。








飛行機はヒースロー空港(ロンドン)に到着です。






    やっと着きました。




    ウエルカムですって♪







パパさん 


  ここでみなさんに残念なお知らせです。


  今回のツアーはイギリスではなくドイツです。





       ええ〜?




 イギリスの格安ツアーと日にちと値段が合わず


 ドイツ(おまけでパリ付)コースに申し込んだの。



 はい、これが日程表だよ。







あらら〜 ということは、もうひとがんばり。


もう一回、飛行機に乗り継ぎます。







夜のドーバー海峡を飛び越え、さらに飛ぶと


フランクフルト(ドイツ)の光が見えてきました。







成田空港から乗り継ぎ、約14時間05分


やっとフランクフルトです。


その後、お迎えのバスに乗り、


本日中に ヴェルツブルクに向かいます。


みなさま、ホテルに到着です。







たいへんお疲れ様でした。


ドイツとは時差が7時間(遅れ)、


現地時間で現在21時です。


今晩はゆっくり休んでくださいね。


明朝はご朝食を済ませた9時にホテルを出発です。


では本日はこのへんで・・・





  ソラ  今回もご参加くださって


      ありがとうございます。





  ぎん  明日も一緒に行こうにゃ〜










 
| comments(22) | - | 00:05 | category: 旅行 ドイツ・パリ |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links