リバイバル ねこっちー!

黒猫ぎん(♂)と灰猫ソラ(♀)の
7年前の今日のブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 八ヶ岳八島湿原
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 

 


「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ!

本日も昨日にひき続き 

長野県 八ヶ岳 霧ヶ峰高原の八島ヶ原湿原に来ています。


            ぎんちゃんの声は 青色

            ソラちゃんの声は  桃色 でおおくりまします。


八島ヶ原湿原は日本最南端の高層湿原です。

高層湿原とは水苔などの植物が堆積し泥水層となり、

水面より高く盛り上がってできた湿原のことです。

1万年以上の歳月を経て形成された湿原植物の堆積は

今でも1年に1cmずつ堆積しているそうです。







それでは

かわいい高原の花々を探しながら遊歩道を歩きましょう。


      今日はどんなお花に出会えるかしら?








カラマツソウ





コウゾリナ





ハクサンフウロ





クサフジ





キバナノヤマオダマキ





コウリンカ





ヨツバヒヨドリ





ヤナギラン





ハナチダケサシ





        たくさんお花を見つけたにゃ

        名前の分からない可愛いお花もたくさんあったわ。

        うん

        それにきれいなチョウチョもいっぱいいたにゃ



そうですね〜

とても紹介しきれないのが残念です。

また機会があったらみなさまに見ていただきましょう。

では、本日はこのへんで。

「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加、ありがとうございました。



    一緒にお花を見つけてくださってありがとう   ソラ

    またいっしょに行こうにゃ〜            ぎん




 

 

 

 

| comments(18) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 八ヶ岳八島湿原
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 

 

 

 


お越しくださってありがとうございます!

昨日にひきつづき「ぎんちゃん旅行クラブ」八ヶ岳ドライブです。


昨日は白樺湖からビーナスラインに入り、

車山高原で満開のニッコウキスゲをみました。

今日はこれから霧ヶ峰を通り、八島湿原に向かいます。



   ビーナスラインって景色がいいわね

   風もすずしくて きもちがいいにゃ






このあたりは「富士見台」といって、

お天気のいい日は 富士山が見られるんですって。


    ああ、なんとなく左の方に見えるような ・ ・ ・







ああ、そうですね。

山頂は見えないけど、あの山は富士山ですね。






はーい、みなさま、

「奥霧ヶ峰八島ヶ原湿原」に到着です。

八島ビジターセンター無料駐車場に車を置き、徒歩2分です。


     近いにゃ!

     あらら?パンフレットには

     湿原一周 90分 〜 外輪山コース 270分 とあるわ。


     遠いにゃ!


お花を見ながらゆっくり歩きたいので、適当な所で戻りましょう。

では出発です。 涼しいので上着を着て出てくださいね。








さすが霧ヶ峰ですね。 時々、霧がさーっと流れてきます。


  まぁ 木の遊歩道ができているのね。歩きやすいわ。









 
    すずしくてきもちがいいにゃぁ

    さぁ がんばってお花を探すわ♪


ビジターセンターで 「週間 花 情報」 を入手したのでバッチリです。

ではまいりましょう。




ニッコウキスゲ





イブキトラノオ





オカトラノオ






ウツボグサ





エゾカワラナデシコ





オオカサモチ





オオダイコンソウ




   
     かわいいお花がたくさんあるのだわ!


そうですね。 まだまだありますが、この続きはまた明日に。

本日もご一緒くださってありがとうございました。



   ありがとうございます。 明日も楽しみです。  ソラ

   あしたもいっしょにお花をさがそうにゃ〜   ぎん

   


                                                      <明日に続きます>


 

 

 

 

 

| comments(26) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 福井県丸岡城
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

 

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 


いつもお越しくださってありがとうございます。

昨日に引き続き 「ぎんちゃん旅行クラブ」 で福井県の旅です。

どうぞ今日もご一緒ください。 



「福島県恐竜博物館」を出たバスは 「丸岡城」に向かいます。


        あまり聞いたことのない名前だにゃ。


そうですね。 丸岡城はもう天守閣しか残っていなくて、

周りは「霞ヶ城公園」として市民の憩いの場になっているそうです。




お疲れ様でした。

丸岡城に到着です。 今から石段を昇って天守閣にまいります。








あ、 猫ちゃんがいるわ!

こんにちは!






         こ、こんにちは。



  きみはお城の猫ちゃん?


         ううん、ちがうよ。 お散歩の途中なんだ。

         天守閣に登るの?


    
  うん。 古そうなお城だね。

 

         日本に残っている天守閣の中で一番古いんだって。

         中の階段が急だから、ロープを使ってね。



  そうなの? ありがとにゃ。 じゃあまたね〜







天守閣が見えてきました! 

本当に天守閣しか残っていなんですね・・・







丸岡城は大河ドラマで登場した「柴田勝家」の

甥の「柴田勝豊」によって建てられたそうです。


では早速、中に入ってみましょう。

おぉ、かなり急な階段がありますね・・・・







      階段が急で段の幅も広いからうまく昇れないにゃ。


      ぎんちゃん、ロープを使うって教わったのだわ。


      そ、そうだったにゃ。 がんばるにゃ!

      ふぅ 。。。  にゃ? 階段、まだあるにゃ!



この天守閣は「独立式望楼型二重三階」といわれ三階建だそうです。

重厚な城をささえる梁のため、階段をゆったり設けることができず

急勾配になっているそうです。







太い梁ですね ・ ・ ・

歴史を感じる木造建築ですね。

では外に出て、天守閣の裏手に回ってみましょう。

下りも階段には 気をつけてくださいね。



天守閣を裏側から見ています。






この石垣は「野面積み」という古い方式で、隙間が多く、粗雑な印象ですが

水はけがよく、大雨に崩れる心配がないといわれています。



こちらは「雲の井」と呼ばれる有名な井戸です。






その昔、お城が敵に襲われたとき、この井戸から大蛇が現れ

城に霞をかけて危機を救ったと言われています。

それで丸岡城は別称「霞ヶ城」と呼ばれているのだそうです。



     そうなんにゃ〜 大蛇さんがいるにゃ?

     ちょっと呼んでみるにゃ〜

     「 こ、こんにちは〜  ぎんちゃんですが〜 」



     ぎ、ぎんちゃん ・ ・ ・  


暗くて恐そうな井戸ですよ。。。

どうやら大蛇は眠っているか、どこかにお出かけのようです。

( よかった。。。 )


さてさて、実はこのお城で一番よく知られているのはのは、これです。






   にゃ? なんて書いてあるにゃ?


「 一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ 」 です。

これは徳川家康譜代第一の功臣、本多作左衛門重次が陣中から

家族にあてたお手紙です。 「お仙」とは後に丸岡城6代目城主となる

本多成重のことだそうです。

これが現在おこなわれてる「日本一短い手紙文 一筆啓上賞」の

始まりとなりました。 ぎんちゃんも作ってみては?



      にゃにゃ? では、

      「 一筆啓上  ごはんちょうだい おかかもにゃ 」



ずいぶんくいしんぼうな「手紙文」ですね(笑)  


今年も丸岡町(財団法人)が実施します。

どうぞみなさま、ふるって応募してくださいね(締め切り10月14日)。


      賞の概要、応募要項はこちら →  
新一筆啓上賞

  


では、本日はこのへんで。

みなさま、お付き合いくださってありがとうございました。


     ご一緒くださってありがとうございました。   ソラ

     ありがとにゃ〜 また一緒に行こうにゃ〜   ぎん






     < ご案内 >

 
    いつもお越しくださっているちーさんが

    素敵な猫ちゃんの絵をご披露くださいました。

    許可を頂いたので どうぞご覧ください。



    


   すっごく可愛い猫ちゃんがいっぱい!


   実はこの中に ソラちゃんも描いてくださったそうです。

    ふふふ♪ そう、その子です。

   ちーさんはこれらの図柄でノートを制作企画中とのことです。

   詳しくはちーさんのブログ「ネコろんで空を見よう」をご覧ください。







 

 

 

 

| comments(23) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 福井県恐竜博物館
JUGEMテーマ:にゃんこ

リバイバル ねこっちー!

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)




いつも 「ぎんちゃん旅行クラブ」 にご参加くださいまして

ありがとうございます。  6月12日催行の駆け込み旅行です。

本日は 福井県恐竜博物館 を訪れます。

ワクワクしますね〜♪ 

どんな恐竜たちに会えるでしょうか?


         本日も ぎんちゃん → 水色
  
              ソラちゃん → 桃色  でお送りいたします。





みなさまを乗せたバスは、博物館に近づいてきました。

さっそく白い恐竜のオブジェが お出迎えです。






おぉ あちらに恐竜の卵のようなドームが見えます。

あれが博物館ですね!







駐車場には大きな恐竜のオブジェもあります。

このほか、博物館に行くまでに、何頭もの恐竜がお出迎えしてくれます。

なかなか細かいところまで気がつく博物館ですね!








さて、いよいよ博物館に到着です。







3階のエントランスから入場すると、すぐに長いエスカレーターがあり

地下1階までくだります。



        すごいにゃ!

        ぎんちゃんもワクワクしてきたにゃ!









両側に本物の化石を配置した回廊(ダイノストリート)を抜けると

竜脚類カマラサウルスの産状化石があります。


アメリカ・ワイオミング州で発見されたものだそうです。



     恐竜ってこんなふうに地中に埋まってるのね!


まっすぐに寝た形で化石になっていてくれないので

掘り出すのが大変そうですね。








      きゃー

      恐竜がいるわ! 動いてる!







      ティラノサウルスにゃ!  

      すっごく大きいにゃ!









ティラノサウルスのロボットですね!

とてもリアルに作られています!

恐くて泣き叫んでる子供たちもいます。

それが一層、臨場感をだしてますね(笑) ← 笑ってていいのか?



    こっちもすごいにゃ!


 


えっと、これは「オメイサウルス」ですって。

全長約20m、四足歩行の草食恐竜のフィギアです。





       ここもすごーい!

       こちらはいろんな化石でいっぱいだわ!



     こ、これは ・ ・ ・

     「ナイトミュージアム」の世界にゃ!




     すごいわ!

     いまにも動き出しそうだわ!








迫力ありますね!

複製もありますが、本物の化石も展示されています。

化石の前には小さな複製模型もあって、分かりやすいですね。



    どうして福井県に、こんなにたくさん恐竜たちが

    集まった博物館があるの?




実はね、福井県は恐竜王国なんです。

実際に福井県で新発見された恐竜があるんですよ。




これはそのひとつの

「フクイサウルス・テトリエンシス」だそうです。






         にゃにゃ〜ん

         本当にいだんだにゃ〜







ええ。

地元で恐竜が発見されたら、嬉しいでしょうね。

発掘されたら、こうして、どの部分にあたるか、形にしていくんですって。


          たいへんな作業だにゃぁ。


そうですね〜

熱さ寒さの中、化石を掘ったり、

掘った化石を石から取り出し、並べて組んだり、

地道な作業ですよね ・ ・ ・

そうそう、この博物館は「研究ゾーン」があって

そこではダイノラボや化石クリーニング室があり

ガラス越しに見学することができます。







左の方は、化石を(アロンαで)くっつけています。

右の方は、化石を石から取り出す作業をしています。


       手間のかかる作業だにゃぁ。


そうですね  ・ ・ ・

そのかわり骨格が組まれたときは、感動でしょうね!

そうそう、勝山市では「化石発掘ツアー」も企画されていて

今日も、発掘体験をしてましたよ。


       楽しそうね。いつか参加したいわね。

       新発見!「ギンチャンサウルス」とかね!





では、上階から地下1階の「恐竜の世界」を見下ろして

帰ることにしましょう。







              さよならにゃ〜

              また来るにゃ〜







 
    では、本日はこのへんで。

    明日はこの近くの「越前丸岡城」にまいります。


      今日もご一緒くださってありがとうございました   ソラ

      明日もいっしょに行こうにゃ〜              ぎん






  こちらもぜひ、ご覧ください。

  福井県恐竜博物館PRビデオ  →  YouTube(1分27秒)





 

| comments(22) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 山口県秋芳洞
JUGEMテーマ:にゃんこ
 

リバイバル ねこっちー!

 

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださって

ほんとうにありがとうございます。 いよいよ「秋芳洞」です!



   mimi さん、嬉しそうね〜


ええ、ずっと前から行きたいと思っていたんです。

やっと来ることができました。

さっそく入場券を買って、入ってみましょう。



この道を歩いて洞窟に入っていくんですね・・・







おぉ  洞窟の入り口が見えてきました!

川の水が不思議な色ですね ・ ・ ・







わぁ!

すごく大きい洞窟ですね!

広い川の横には遊歩道ができています。

鍾乳洞というので、もっと狭いと思っていました!


えっと、ここは・・・ 「青天井」と呼ばれているそうです。





すごい!   すごい!

天井も高く、空間も広いですね!



遊歩道に沿って歩いていきましょう。






これが秋吉台の下にあるなんて、想像できませんね ・ ・ ・





これは「百枚皿」です。 この写真はよく見ますよね。

本当に今も、お水が湧き出て流れてくるんですね!






       ほんとうにお皿が重なったみたいね〜

       どのお皿にもスープがいっぱいにゃ〜





えっと・・・  これは「洞内富士」ですって。 迫力ありますね。








ここは・・・  「傘づくし」ですって。

高い天井から伸びた鍾乳石が ツララみたいになってますね。




     mimi さん、下も見て!




おぉ!

下にもツララが ・ ・ ・

   
     ちがうにゃ!

     足元にたまったお水に、天井のツララが映ってるにゃ!



すごいですね!

池の下にも世界があるみたいに見えます!



このまま行くと「千畳敷」があり、そこに休憩できるベンチと

地上に出られるエレベーターがあるそうです。

私たちはそこで少し休憩し、また洞窟内を歩いていきますね。



次は・・・ 「黄金柱(こがねばしら)」ですって。





   すごい高いのだわ! 10m以上はあるわ!

   きっと100mくらいあるにゃ!     ← ないです。15mです。



さて、「秋芳洞本洞」はここまでで、ここから引き返してもいいのですが

「黒谷支洞」に入り、黒谷口から出ることもできます。

行ってみましょう。



これは・・・ 「岩窟王」ですって。




     どう見ても ゴジラ にゃ




これは・・・ 「クラゲの滝のぼり」ですって。





   クラゲって滝をのぼるにゃ?

   エチゼンオオクラゲならのぼるかもしれないわ ・ ・ ・




これで鍾乳洞の終点まで歩きました。

黒谷口に行く「タイムトンネル」が新しくできたって聞きましたが

これですね。





両側に地球の過去から現在の絵が描かれています。

トリックアートもありますよ?



     あ、絵からマンモスが出てきたにゃ!

     ほんとう! 追われてるわ! こっちに逃げて〜





人間がマンモスを絶滅に追いやる絵が描かれています。

弱肉強食っていうのでしょうか(涙)




さて、気を取り直して・・・・

私たちはいま来た鍾乳洞の遊歩道を歩いて戻りましょう。 

    (いったん地上に出て、公共バスやタクシーで戻ることもできます)



それにしても、こんなに大きな洞窟とは!

遊歩道も案内も こんなに整備されているとは思いませんでした。

外国からの観光客の方もいっぱいですね。







    なかなか長い洞窟だったわね。 さすが日本一だわ。

    ふぅ 疲れたにゃ。 きっと10kmあったにゃ。   ←1kmです。







出口に到着です。 みなさま、お疲れ様でした。

今回も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださいまして

ありがとうございました。


   どうもありがとう。 みなさんと行けて楽しかったです。  ソラ

   お腹がすいて歩けないってかたは、

   ぎんちゃんと一緒に<記事の続き>をご覧くださいにゃ。  ぎん





                       <昨日のお詫びと訂正>
                       長門市は 湯本温泉です。
                       湯元ではありません。にゃ!
                       お詫びして訂正いたします。

                        
続きを読む >>
| comments(28) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 山口県長門・秋吉台
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 



「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ。

本日もご参加くださいまして、ありがとうございます。

昨日に引き続き、山口県の旅です。



バスは萩市を出て、

本日の宿泊地、長門市(ながとし)湯本温泉に向かいます。



    mimi さん、

    さっきから気になってたんだけど、ガードレールが黄色いわ。

     






     あっ これ知ってるにゃ。

     「秘密の県民ショー」でやってたにゃ。

     このあたりは夏みかんの発祥&名産地だから黄色なのにゃ。



おぉ そんなんですね〜

ぎんちゃんは意外と物知りですね。 食べ物関係には!




バスは湯本(ゆもと)温泉に到着です。

この川の両岸が温泉街になっています。

この川は水がとても綺麗で希少種の魚やホタルの名所でもあります。


ホテルのかたが

今日は夕方から対岸の広場でお祭りをしてるから、行かれたら?

おっしゃっています。 ホタルも見られるんですって。

お食事の後に行ってみましょう。







なかなか風情のある温泉街ですね。

河原のあちこちに足湯もあって、みなさん、おしゃべりしてますね。


     ホタルも光ってるわ〜


このあたりはゲンジボタルだそうです。

光が明るいですね!


河原のあちこちに足湯があります。




      (上の建物は温泉、下は河原の足湯)



さて、お宿に帰ってまた温泉に入りましょう。

明日は早めに出発です。






おはようございます。

今日はいよいよ秋吉台です。


秋吉台は日本最大のカルスト台地(石灰岩地)です。

秋吉台を作っている石灰岩は、3億年の昔、海中のサンゴ礁でした。

隆起して地上に現れた後、雨水で少しずつ溶け、

このような独特のカルスト地形を造ったそうです。







       すごーい

       とっても大きいカルスト台地だわ!








       石灰石の岩がごろごろ見えるにゃ


これは石灰岩柱(ラビエ)と呼ばれています。

表面には雨水で溶け、溝や凹凸ができています。



秋吉台の地下にはたくさんの鍾乳洞があります。

その中でも観光化されている最大の秋芳洞にまいりましょう。

みなさま、バスの移動、お疲れ様でした。

いよいよ秋芳洞に到着です。



       本日もご一緒くださってありがとうございました。

       この続きはまた明日に。

       洞窟内は足元が悪いので歩きやすい靴でご参加くださいね。


      どうしてもごはんが気になるというかたは

      ぎんちゃんと一緒に<記事の続き>を見てにゃ。




 

続きを読む >>
| comments(16) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 山口県萩市
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

 

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 

        ぎんちゃん → 水色
        ソラちゃん → 桃色 で、お送りします。




「ぎんちゃん旅行クラブ」へようこそ!

このクラブツアーも残すところ後わずかになりました。


     あら? どうして?


「高速道路料金 一律1000円」期間が もう終わってしまうのです。

我が家の財政では、料金のかかる遠方までは行けません。


     それもそうね ・ ・ ・


ソラちゃん ・ ・ ・

もう少しフォローをしてください ・ ・ ・


    あら、ごめんなさい。 ところで今回はどこに?


今回は最後かもしれないということで、思い切って山口県に

一泊二日の旅行(萩→湯元→秋吉台→秋芳洞)にご案内です。 

みなさんは山口県に行かれたことはありますか?

私は初めてなのでとても楽しみです。 では、早速まいりましょう。





バスは萩市に到着です。 萩市は山口県の北部にあり、日本海に

面しています。 ではこれから萩城城下町を散策しましょう。


萩城は 1604年に毛利輝元が築城しましたが、

1874(明治7)年に解体され、現在は石垣と堀の一部を残すのみです。


一方、城下町は 江戸時代そのままの町筋が残っており

当時の面影をとどめています。








道沿いには萩焼(はぎやき)のお店や工房もあり

お買い物も楽しめます。







木戸孝允(きどたかよし) 旧宅








高杉晋作(たかすぎしんさく) 誕生の家











こちらは萩博物館です。 

萩の自然、歴史、美術工芸など学べます。 天文台もあります。





 

       あら? 園庭に夏みかんの木だわ。


萩は夏みかん発祥の地といわれ、近くの青海島に原木があります。

萩藩の武士のお庭に植えられ、副収入となったそうですよ。


       と、いうことは?







     にゃにゃーん!

     夏みかんアイスつき夏みかんシフォンケーキにゃ!







       わーい!  とってもおいしいわ♪



博物館の中には復元された昔の捕鯨船もありました。

小さいミュージアムショップもあり、お土産も買えます。








さて、これから 萩博物館を出発し、車で10分ほど走り

「松陰神社」に到着です。

ここには「松下村塾」があります。

吉田松陰(よしだしょういん) が身分や階級にとらわれずに

教育を行った塾です。 わずか2年半の間でしたが、

久坂玄瑞(くさかげんずい)や高杉晋作、伊藤博文など

幕末から維新の原動力となった逸材を育てた場所だそうです。











       よくわからないけど

       すごい塾なのだわ!

       ぎんちゃんも通うのだわ!



       にゃにゃ? 勉強は苦手にゃ〜



こちらは敷地内の「松陰神社」です。

「学業の神様」になっています。 








ここのおみくじは「傘みくじ」と言われ、傘についています。

読み終わったら傘の部分を 木の枝にかけるんだそうです。


             可愛いわ〜










それではこれから、長門市湯元温泉に向かいます。

この続きはまた明日に。

本日もご一緒くださってありがとうございました。



  みなさん、ご一緒くださってありがとうございました。   ソラ

  明日も一緒に行こうにゃ〜    ぎん







      < にゃんず日記のなおちゃん@もも組さんが

            琥珀ちゃんの里親さん募集中です >



        



        とってもかわいいサビ猫ちゃん

        琥珀(こはく)ちゃんの募集要項はこちら♪

              「 にゃんず日記 」



 

 

 

| comments(14) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 石川県金沢
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

 

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 


本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださって

ありがとうございます。  昨日の続きです。



「金沢21世紀美術館」を出て 「兼六園」に向かいましょう。

交差点を渡ってすぐです。


    あ、待って。 かわいいお店があるわ。


金沢の有名な工芸品「金箔」のお店ですね。

招き猫ちゃんまで、金箔を持っています。






           こちらも招き猫ちゃんだわ






こちらは九谷焼の専門店ですね。

かわいい九谷焼の猫ちゃんがいっぱいですね!




では「兼六園」にまいりましょう。 真弓坂から入園します。


兼六園は金沢城に属した庭でした。 加賀藩5代藩主前田綱紀が

蓮池御亭を建て、作庭したのが始まりだそうです。



これは瓢池(ひさごいけ)です。


         あ、鳥さんがいるわ。 風流なのだわ。






     あ、ぼんぼりがあるにゃ。 お茶が飲めるかも。。。


本当ですね。 ちょっと行ってみましょう。






ここでお茶をいただけるそうです。

いい景色ですね。  右側に「海石塔(かいせきとう)」が見えます。






私はお抹茶をいただきますね。 お菓子は「山つつじ」だそうです。






    ぎんちゃんは冷たいものがいいにゃ。

    おすすめは何かにゃ?



湯涌(ゆわく)温泉のお水を使った「柚子小町サイダー」が

お勧めだそうですよ。





   にゃ〜 とってもおいしいにゃ!

   さわやかでいい味だにゃ!




さて、少し休んだところで庭園をくるりとまわりましょう。

これは日本最古の「噴水」だそうです。 お隣の「霞ヶ池」との

高低差による自然の水圧によって 吹き上がっているそうです。


         エコね〜   エコにゃ〜







こちらは霞ヶ池です。 左正面は「内橋亭(うちはしてい)」

右には有名な「徽軫灯籠(ことじとうろう)」です。







これは「唐崎松(からさきまつ)」です。 13代藩主斉泰(なりやす)が

琵琶湖から種を取り寄せ育てたと言う黒松です。 雪吊りで有名ですよね。


     すごい枝ぶりだにゃ、 みごとにゃ〜







こちらは「根上松(ねあがりまつ)」です。

わざわざ根っこを掘って 2m 根をあげたんだそうです。


     「値上がり」って気になるわ

     「音をあげた」も気になるにゃ






ふふふ  気になる松ですねぇ。


では、お庭を散策しながら帰りましょうか。

風情があっていいお庭ですね〜








それでは旅行クラブのバスは 兼六園をあとにして、

湯涌(ゆわく)温泉にまいります。

湯涌温泉は小さな温泉街ですが、藩政時代にはお殿様の湯あび場として、

大正6年には竹久夢二の滞在の地として、有名です。


ここは温泉街の中心の小さな野外ステージです。 

左手前のお屋根は足湯、

右側の建物は日帰り温泉「白鷺(しらさぎ)の湯」です。






この広場の左側には夢路館があります。

そういえば、柚子小町サイダーのラベルは夢路の絵でしたね。

これは夢路館の入り口と、胸像です。 

5時を回っていたので、もう閉館でした。 残念・・・







では今日は「白鷺の湯」に入って帰りましょう。

みなさま、今回もご一緒くださいましてありがとうございました。



    みなさん、ありがとう。 ご一緒できて嬉しかったです。  ソラ

    ありがとにゃ〜 また一緒に行こうにゃ〜    ぎん





 

 

 

 

| comments(16) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 石川県金沢
JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

リバイバル ねこっちー!

 

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 

 


いつも「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださいまして

ありがとうございます。 今回は石川県金沢市の

「県立美術館」 「金沢21世紀美術館」 「兼六園」 に

ご案内します。 どうぞお付き合いください。



みなさま、バスの移動お疲れ様でした〜 

石川県立美術館に到着です。


       あら? 外観はたいしたことないのだわ。


外観はそうですね。。。  ここには国宝の古美術から、

現代作家の作品まで石川県ゆかりの美術工芸品を鑑賞できます。 

平成20年に、有名なパティシエ辻口氏のカフェも併設されたそうです。







     にゃ?  「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」?

     おなかもすいたし、さっそくランチで元気をつけるにゃ!



そうですね〜 では「アッシュ」でいただきましょう。







     おいしかったにゃ!

     お土産に焼きドーナッツを買っていい?


ええ、もちろんです。 帰りに買いましょう。

では2階の美術館を見て回りましょう。 

加賀藩前田家に伝わる甲冑、陣羽織、屏風絵、蒔絵、九谷焼などなど

豪華な美術品が見られます。


 国宝 色絵雉香炉


  沈金猫文 「けはひ」



詳しくは「県立美術館HP」をご覧くださいね。




次に

美術館の裏の「本多の森」を歩き、「金沢21世紀美術館」に向かいましょう。

途中、大正時代に陸軍の師団長官舎として建てられた

「広坂別館」が見られます。







あ、眼下に金沢21世紀美術館が見えてきました。

手前の丸いガラスの建物です。







        まぁ こちらは近代的な建物だわ。

        園庭にはジャングルジムも!




実はこれも美術作品なんですよ。

フェルナンド・ロメロの「ラッピング」です。






こちらは

オラファー・エリアソンの「カラー アクティビティー ハウス」 です。










色彩が見る角度によって違ったり、

重なることによって変わったりして綺麗ですね。




       美術館の中は 人でいっぱいだわ!


すごい人ですね〜 活気があるというか、落ち着きがないというか、、、

この美術館は「展覧会ゾーン」「交流ゾーン」があって、交流ゾーンで

市民の会や研修などが開かれてると、人でごった返すんですね。


では入場券を買って、中に入りましょう。

現在はイエッペ・ハイン展、サイレント・エコー・コレクション展気覆匹

開かれています。


現代美術なので、面白いと思うか、わからないと思うか

人それぞれですね。 詳しくはHPでご覧くださいね。




         あら? みんなプールを覗いてるみたい。






下からも見られるんですよ。 行ってみましょうか。

この作品はレアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」です。

写真撮影可能なのでどうぞご覧ください。






        すごいわ! プールに潜っているみたいだわ。

        壁に映った光の筋がきれいだわ!



           うう 息が苦しくなってきたにゃ ・ ・ ・






       ふふふ  誰かがこっちを見てるわ


          ううう 息ができないにゃ ・ ・ ・



       ぎんちゃん、プールの監視員のバイトしてるんだから

       ここはがんばるのだわ!



          にゃにゃ  あのはしごを登って上にいくにゃ



天井のガラスには10cmのお水が張ってあるんですよ。

ぎんちゃん、すっかり視覚トリックに引っ掛かっちゃってますね。

さて、ソラちゃん、

ちょっとお化粧室に行きましょうか?


      ええ、いいけど どうして?


お化粧室にも作品があるのですよ。

ピピロッティ・リストの「あなたは自身を再生する」という作品です。






     わぁ 光の色が変わってきれいだわ。

     字もでてきたわ。 「お疲れ様」 「I thank you」 〜?







綺麗ですね〜  

分かりにくい場所なので、みなさま、どうぞお見逃しなく!



これから道を挟んだ向かいの「兼六園」に行きましょうか。

大きな庭園なんですよ。 では、この続きはまた明日に。



     今回もご一緒くださってありがとうございました  ソラ

     明日も一緒に行こうにゃ〜          ぎん








 

 

 

 

| comments(24) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
# 松本城
JUGEMテーマ:にゃんこ

リバイバル ねこっちー!

 

 

 

7年前(2011年)の今日のブログです。

 

 

(只今、コメントは受け付けていません)

 


            mimi さん

            この写真はなぁに?








ああ、これはしばらく前に行った長野県の「松本城」です。

「ぎんちゃん城」とも言うんですよ。


        えっ? どうして?


黒くて大きいからです。


        あはは〜 ほんとう。 黒くてどっしりしてるわ。

        どんなお城なの?



「 松本城は

  戦国時代の永正年間(1504年)に造られた深志(ふかし)城が始まりです。

  天守閣は文禄(1593〜1594)時代に建てられた五重六階、

  お城の中では日本最古です。四百余年の風雪に耐え、

  戦国時代そのままの天守が保存されています。」 ですって。


          それはすごいにゃ!

          さすが ぎんちゃん城にゃ!

          あれ? 天守が2つあるにゃ。








大きい方が「大天守」、小さい方が「乾小天守」で

合わせて「連結式天守」というそうです。


       ふ〜ん。 中も広そうだね。


ええ、6階建てなので、最上階まであがるのは大変でした。

階段も急だし。 途中、兜とか大砲とかが展示されていましたよ。








これは天守閣の天井裏です。 太い柱でしょう?


        にゃ? 梁に何か乗ってるにゃ。







あ、ほんとうですね。 えっとあれは

「二十六夜神」ですって。 

「この神様のおかげで火災から類焼を免れた」 そうですよ。



これは「宇宙ツツジ」です。 宇宙飛行士の向井千秋さんが宇宙に

持っていった種から発芽させ2000年に植樹されたそうです。






   まぁ  城内には変わったものがあるのね。

   ちょうど咲いていて綺麗なのだわ。






       こちらはおもてなし武将隊の方



と、いうわけで・・・・ 

     このお城、松本城の別名は本当は 「烏(からす)城」 でした。


          ふ〜ん

          「ぎんちゃん城」って、別名は「烏城」っていうのね〜



          ちがうにゃ〜

          「ぎんちゃん城」の別名が「松本城」にゃ〜



          あれ〜? そうだったかしら〜?






       < かおりさんのブログにて仔猫の里親さん募集 >


     



     先日、かおりさんがお勤め先の駐車場で生後1ヶ月ほどの仔猫を

     保護されました。 ただいま病院にて各種、検査中とのこと。

     とっても可愛い灰色の仔猫ちゃんです。

     詳しいことは後日、改めてご紹介いたします。

     よいご縁がありますようお祈りします。

     みなさまの応援、どうぞどうぞよろしくお願いします。





 

| comments(28) | - | 00:05 | category: 旅行 温泉・その他 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links