リバイバル ねこっちー!

黒猫ぎん(♂)と灰猫ソラ(♀)の
7年前の今日のブログ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 獅子舞クッキー
JUGEMテーマ:にゃんこ


お越しくださってありがとうございます。

昨日に続き、お正月の話題にお付き合いください。


お正月に京都に行ったとき

宿泊したウエスティンホテルのベーカリーで

獅子舞クッキーを買いました。






あまりに可愛いので

ご近所のお友達用にいくつか買ってお配りし

残りはしばらく飾っておくことにしたんです。


   あら? mimi さん

   まだ食べていなかったの ・ ・ ・

            ペロッ     ん?







ええ、可愛いので食べるのがもったいなくて(笑)


            笑ってる場合ではないのだわ

            mimi さん、賞味期限を見た?





      え?

      ああ〜っ 昨日まででした!

      大変! 慌てて食べなくちゃぁ


                     おやおや ・ ・ ・



   < 嬉しいお知らせ >

   2月7日より みんとさんのブログにて

   「ぎんちゃん旅行倶楽部」開催中です。

   どうぞご覧ください。

   いよいよ出発です! どこに行くのかな♪

   こちら→ 
ちょっとのんびり・おくつろぎの絵







| comments(24) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都南禅寺
JUGEMテーマ:国内小旅行


「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ!

本日はホテルから徒歩5分の場所にある

「臨済宗南禅寺派大本山」に参ります。


  ソラ  ちょうどラウンジから全景が見えるのね

       お屋根に雪が積もっているのだわ。




ええ、昨日の夜から降り始め、少し積もっていますね。

中央より少し右上に高く見えるのが南禅寺三門です。


底冷えのする日です。 

温かい服装でロビーにお集まりくださいね。




南禅寺は境内の散策、参拝は自由にできます。

三門、南禅院、方丈の見学は有料です。






三門(重要文化財)

開創当時の三門は火事で喪失し、これは1827年の再建

歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の伝説で有名

                ( ↑ 実際は創作 )







法堂

創建当時のものは、応仁、文明の乱で焼失

現在の法堂は明治42年(1909年)に再建されたもの

内部には本尊釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩の三尊像が

安置されている





また巨大な欅の円柱に支えられ、天井には

今尾景年画伯畢生の大作と云われる幡龍が描かれている




       にゃっ

       すごい迫力の龍がこっち見てる!





南禅院

亀山天皇が正応2年(1289年)出家したという離宮の遺跡で、

南禅寺発祥の地。 庭は鎌倉時代末の代表的池泉回遊式。






    「幽玄閑寂の趣は格別である」って書いてある

     雪景色もいっそう趣があるのだわ




方丈(国宝)へと続く大玄関





方丈の庭園

小堀遠州作と伝えられ、江戸時代初期の代表的枯山水庭園






方丈の障壁画は、

桃山前期の狩野派絵師筆による障壁画(重要文化財)で

全て彩られていたが、現在は復元画も展示





  このガラス窓の開いたところから覗くのね

  すごい! 華やかな花や松、動物の絵もあるのだわ

  振り向いて走るトラちゃん?なかなか可愛い(笑)



六道庭にある竹の垣根「南禅寺垣」






さて、南禅寺境内にあるおおよその建物は見学しました。


   にゃにゃっ

   お寺にしては不思議なものがあるにゃ






おぉ・・・ これですね。

これは明治維新後に建設された、琵琶湖疏水水路閣です。

疏水は、琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路で、

滋賀県大津市で取水され、

南禅寺横を通り京都市東山区蹴上までの区間です。

現在も使われているそうです。


   ほんとう! 

   上にはちゃんと水が流れているのだわ





南禅寺境内は見どころがたくさんありますね。


そろそろお昼です。 ごはんにしましょう。

    待ってましたっ!

ホテルでいただいた地図に載っていた参道沿いの

湯豆腐の「順正」さんにしましょう。






敷地内には天保10年(1839年)に

新宮凉庭(しんぐうりょうてい)によって開かれた

医学校「順正書院」の建物も残っています。






また新宮自身が弟子たちとともに作った庭も

当時の姿を残しています。






会席のお料理は予約のみですが

湯豆腐コース、湯葉コースは当日でも大丈夫です。





   ものすごく寒い日になったから

   湯豆腐は体が温まっておいしいにゃ♪


では、今回の 「お正月 京都の旅」はこのへんで。

みなさま、最後までご一緒くださってありがとうございました。


  ありがとうございました。楽しかったです。  ソラ

  ありがとうにゃ〜また一緒に行こうにゃ〜  ぎん

   

     







 
| comments(24) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都水族館
JUGEMテーマ:国内小旅行
 

「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ!

本日は京都水族館にまいります。

2012年3月14日に開業した内陸型水族館で

日本初の完全な人工海水利用型の水族館だそうです。


京都水族館は京都駅から徒歩15分、バスで10分の

「梅小路公園」内にあります。






ではさっそく館内に入りましょう。

500tの水量をほこる大水槽です。






  ぎん  にゃっ?

       水槽がなんだかザワザワしてきた・・・

       ああっ お魚のごはんの時間!






  ソラ  まぁまぁ エイさんのお口は裏側にあるから

      ごはんをあげるのも大変なのだわ(笑)





すごい迫力ですね。

どのお魚たちも真剣にごはんをもらいに来ています。



次はペンギン水槽に行ってみましょう。

横からも下からも見えるようになっています。


   うふふ 空を飛んでいるみたいに見えるわ










   にゃっ?

   水槽がなんだかザワザワしてきた・・・

   ああっ ペンギンさんのごはんの時間!







  ここでは水の中であげるのね。

  ふふふ みんな集まってきたのだわ。


  いいにゃぁ ・ ・ ・

  ぎんちゃんもごはん、もらいたい ・ ・ ・



そうですね。

確かカフェは3つあるはず、見つけたらランチにしましょう。


京都水族館は思ったより規模は小さいですが

見どころはいくつかあります。

  
チューブ状の水槽からご挨拶するゴマフアザラシ

  にゃはは〜

  ぎんちゃん、ソラちゃん、こんにちは〜







ネコザメやヒトデに触れる「磯の教室」

    にゃんにゃん でもボクはサメ〜
 





オウムガイの卵を孵化中のラボラトリー






京都の自然と生き物を守る山紫水明ゾーン





そして最大の見どころは、やっぱり

イルカパフォーマンスです!


 まぁ素敵!

 でも・・・プールが小さくて心配だわ・・・

 ジャンプでお外に落ちなければいいけれど・・・



 うん 

 ここでのジャンプはかなりのテクニックが必要にゃ







   こんにちは〜!

   ボクたちバンドウイルカが頑張りますっ!

   「東寺の五重の塔」と新幹線とのコラボも

   お見逃しなくっ!





  まぁ! それは素晴らしいのだわ!


               きゃっほ〜い!





     みんな上手だったにゃ!

     あ〜 楽しかった!

     
順路のまま歩いていくと、お土産ショップに入ります。


    にゃにゃ?!

    こんなところに
シュネーバルが!
          ↑ ローデンブルクの伝統的なお菓子 
            クリックしてね♪(笑)





   まぁ!ほんとう

   ドイツでぎんちゃんたちが食べてたのだわ!



   ちがうよ! 

   ぎんちゃんソラちゃん よく見てよ!

   ボクたちは京都の清流に住む

   オオサンショウウオのぬいぐるみだよ!




   にゃはは〜 よく見るとそうでした・・・



京都水族館は手にスタンプを押してもらうと出入りが自由です。

みなさま、水族館でも公園でも

お時間までのんびりとお過ごしくださいね。

では本日はここまでに。

ご一緒くださってありがとうございました。


 カフェは見つからにゃかった・・・

 お腹がすいて倒れそうにゃ・・・    ぎん

 そういう方は記事の続きをご覧くださいね♪  ソラ






続きを読む >>
| comments(12) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都 宇治上神社
JUGEMテーマ:国内小旅行
 

「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ!

本日は昨日行った平等院の参道を出て、宇治橋を渡り

対岸の「宇治神社」「宇治上神社」を参拝します。


宇治橋

宇治橋は646年に架けられたと伝承されています。

古今和歌集や源氏物語にも登場する大変古い橋です。

現在の橋は1996年に架け替えられたものです。






「宇治神社(下社・若宮)」に到着です。

創建年代など不明ですが、隣の宇治上神社とあわせて

「離宮八幡宮」と呼ばれ、共に平等院の鎮守社となっています。


  ソラ  注連縄や提燈が飾ってあって

      お正月って感じなのだわ。






拝殿(桐原殿)





中門





本殿(重要文化財)







すぐお隣が「宇治上神社(上社・本宮)」です。

こちらはユネスコの世界文化遺産に登録されています。







拝殿(国宝)

正面の2つの砂山は「清め砂」といい、お正月やお祭りのときに

境内に撒いて清めるものだそうです。

(他社のように神様の「依代」を表してはいないそうです)






桐原水

湧き水。唯一現存する宇治七名水のひとつです。






本殿の覆屋(本殿はこの覆屋の中)

本殿は1060年頃のものとされ現存最古の神社建築と

いわれています。 中の本殿は国宝です。





それではみなさま、お参りをなさってくださいね。


  ぎん  パンパン! 

       今年もごはんがいっぱい食べられますように


  ソラ  パンパン!

       みなさんもあたしも健康に過ごせますように





  ぎん  それにしても、覆いがされていて

       本殿が見られにゃいのは残念にゃ

       あ、あっちで破魔矢や熊手を売ってるにゃ








みなさまたっぷりお参りできたでしょうか?

それでは今度は朝霧橋を渡って、バスの駐車場に戻ります。

本日のお宿「ウエスティン都ホテル京都」に向かいます。




さすがお正月です。

ホテルも人で溢れています。

目立たないようにお写真を撮りましょう。(早朝に撮影)






ロビーの飾りもおめでたいですね!




レストランが5つ、ティールームが1つ、バーが1つ、

小さなスーバニアショップもありますが

コンビニなどはありません。

フィットネスクラブやプールは宿泊客は無料で使えます。





ホテル内の庭には京都市文化財にも指定された

日本庭園などもあり、散策できます。





今回の予約は朝食&エグゼクティブラウンジ付です。

10階のラウンジは無料で利用できます。

お酒やオードブルもいただけます。





  わーい! おいしい!

  さっき神様にお願いしたらさっそく食べ放題にゃ!



  mimi さん、ケーキが食べたいけど疲れちゃった。


そうですね。では1階のティールームでケーキを買って

お部屋でいただきましょう。






それでは本日はここまでに。

みなさま、本日もご一緒くださってありがとうございました。


  ぎん   ありがとにゃ〜 明日は水族館にゃ!

  ソラ   明日もご参加お待ちしています。







| comments(14) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都 平等院
JUGEMテーマ:国内小旅行
 

「ぎんちゃん旅行クラブ」にようこそ。

本日は京都府宇治市の平等院を見学します。

平等院は藤原氏ゆかりの寺院で平安時代後期(11世紀)の

建築、仏像、庭園などを今日に伝え世界遺産に登録されています。

開基は藤原頼道、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院です。


  ソラ  まぁ おしゃれな門松なのだわ






正面は新しくできた「平等院ミュージアム鳳翔館」です。

ここには屋根の鳳凰、仏像、梵鐘などの本物が展示されています。


    境内の梵鐘、室内壁絵などは殆どレプリカです。
    
    残念ながら鳳翔館は写真撮影は禁止です。


では順路どおりに歩いて見学します。


南門






養林庵書院





浄土院








頼政の墓地





観音堂





鳳凰堂





  ぎん  にゃっ?! 鳳凰堂がにゃい!

  ソラ  カバーで覆われちゃってる!

パパさん 実は今、改修工事中なんです。

      完成は平成26年3月31日予定で、

      公式HPによると、今はこの状態だそうだよ。 ↓







   あらら〜 残念なのだわ。


改修工事前の写真はこちらを見てね。


  んん?写真ではもっと柱は赤くて

  綺麗だった印象があるわ。



それは一般に公開されているCG画像じゃないかな。


  そうなのね〜実際は随分ボロボロだったのね〜







本物の鳳凰像や復元された壁画は鳳翔館で見られるよ。


   そうなんにゃ〜 よかった〜

   それにしてもおなか、すいたよね




そうですね。

では鳳翔館を見た後、参道でお食事できるお店を探しましょう。





宇治市はお茶でも有名、参道はお茶屋さんが軒を連ねています。








   にゃっ 立派な門構えのお店がある

   おいしいものが食べれそう!



そうですね。 ではここ「中村藤吉平等院店」にしましょう。





約200年前の建物の内装を改築し、お店にしているそうです。

お店の窓からは宇治川も見られます。


  ぎんちゃんはニシンの茶蕎麦セット♪

  お抹茶のゼリーも付いてるにゃ







  あたしは京風お雑煮。 

 「大福茶(おおぶくちゃ)」も付いてるのだわ。






中村家に伝わるお正月の大福茶は

まず大福茶(焙じ茶)をいただき、

つぎに小梅と結び昆布を入れいただき、

つぎにその小梅と昆布を懐紙に包み体を拭きます。

こうすると一年間病気にならない、と伝えられてきたそうです。


    ごくごく  ごくごく  拭き拭き〜


あらら、ソラちゃん、さっそく試していますね(笑)


  お雑煮も白味噌仕立てでおいしい♪

  丸餅も里芋も珍しいのだわ♪



      愛知県では鰹出汁・しょうゆ味、角餅、もち菜、

      鶏肉、かまぼこが一般的です。


それではみなさま、どうぞごゆっくりお召し上がりください。

本日はここまでに。


  今年もぎんちゃん旅行クラブ、よろしくにゃ!   ぎん

  ご一緒くださってありがとうございました。   ソラ




       <明日は宇治川対岸の宇治上神社へ参ります>









| comments(12) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都高台寺
JUGEMテーマ:にゃんこ






みなさま、本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださいまして

ありがとうございます。 昨日の続き「ふらっと京都の旅」です。


清水寺から清水坂、産寧坂、二寧坂、一寧坂を下って高台寺まで

向かいますが、ついつい寄り道をしてしまいなかなか辿り着けません。


どうぞ忍耐をもって、本日もお付き合いくださいませ〜 ひらに〜


さて京都について約4時間、 やっと一寧坂の終わりまで来ました。



  あっ  人力車! 花嫁さんが乗ってるわ!






ほんとうですね!

「ザ ソウドウ ヒガシヤマ キョウト」の中に入っていきます。

ここは結婚式場なのですね。 どうぞお幸せに〜☆


ではこの大通りを渡って「ねねの道」にまいりましょう。



   あ、あちらにも舞妓衣装のお姉さんたちだわ。







あのぅ、お写真を撮らせていただいていいですか?


お姉さん  「もちろんです。 どうそ♪ 」






    わーぃ  ありがとうございます。

    みなさん、とっても綺麗なのだわ♪ 



どうもありがとうございました。


お姉さんたちが 先ほどお写真を撮っていたのは「石塀の道」です。

ここは旅館や小料理屋さんの並ぶ京都らしい道として人気です。

ちょっと入ってみましょうか。







まっすぐでないところが また風流ですね。





    あのぉ ・ ・ ・

    暑いし、おなかもすいたんですけど ・ ・ ・



そうですね。 この小路には小さいカフェがいくつかあります。

冷たいものをいただきましょうか。


    ぎんちゃんは クリームあんみつにゃ!

    あたしは 抹茶クリームあんみつにするのだわ。



    



おいしかったですね。 では「ねねの道」に戻りましょう。


「ねねの道(高台寺道)」は、北へ一直線の平坦な石畳の道で、

秀吉の正妻北政所「ねね」ゆかりの高台寺と

園徳院があることから そう呼ばれています。






「ねねの道」の中ほどを右(東)に入ると 高台寺です。






石畳の階段を上ると、 高台寺が見えてきました。






高台寺は、豊臣秀吉没後、正妻の北政所(ねね、出家して高台院)が

菩提を弔うために慶長11年(1606)に開創したお寺です。 その後

寛永元年(1624)に三江和尚を開山として迎え「高台寺」としました。


では園内を散策しましょう。



方丈前庭園 と 勅使門





観月台(廊下中央) と 開山堂(旧持仏堂)





傘亭(利休が考案した茶室)



 

   mimi 〜

   行き倒れするほど疲れたにゃ〜



本当ですね。 今日は梅雨どきとは思えない真夏の暑さ。

もうそろそろ帰りましょうか。


では帰りは駐車場まで 脇見をせずにさっさと歩きましょう。


    ふぅ〜  ふぅ〜  歩きすぎて足が痛いにゃぁ

    ぎんちゃん、がんばるのだわ。


    やっと産寧坂まで戻って来たにゃ

    にゃ? 

    ここはさっき入りたいと思って入りそびれたカフェにゃ!


    

産寧坂にある「青龍苑」ですね!

ここは以前の料亭「京都坂口」が、お庭や茶室をそのままに

あぶら取り紙で有名な「よーじや」、八橋で有名な「井筒八ツ橋本舗」

などの店舗を入れ、おしゃれな一角に生まれ変わりました。







    ここにイノダコーヒーもあるにゃ

    ぎんちゃんは 抹茶アイスクリームパフェにゃ



    ああ、ぎんちゃん・・・ もう注文してるわ!


      


     井筒八ツ橋本舗の八ツ橋も乗せてあります♪



では、綺麗なお庭を見ながら ここで一服して ・ ・ ・


今度こそ駐車場に直行です!




みなさま、本日も「ぎんちゃん旅行クラブ」にお付き合いくださり

ほんとうにありがとうございました。


    一緒に歩いてくださってありがとうございました。  ソラ

    ありがとう。またいっしょに食べ歩きしようにゃ〜  ぎん

      




「ソラちゃんはどんなお菓子を選んだの?」と気にしてくださる方は

どうぞ記事の続きをご覧ください。 いつも応援ありがとうございます。







続きを読む >>
| comments(22) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都産寧坂から
JUGEMテーマ:にゃんこ
 



いつも「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださって

ありがとうございます。  昨日の続き「ふらっと京都の旅」です。


今日は清水寺を出て「清水坂」を下っていきましょう。

このあたりはお土産もの屋さんがたくさんあって楽しいです。


    ああっ レストランの看板、発見にゃ!

    中に陶器・和物のお店もあるみたいだわ!






ほんとうですね。 路地になっていて奥にお店がありますね。

手作りの陶器も並べてあります。







猫ちゃんの置き物もありますよ。 作家さんの作品のようです。






さらに奥に入っていくと ・ ・ ・


    お食事処にゃ!


なかなか風流なお料理屋さんですね〜 お昼はここにしましょう。






       みんなで「京のランチ」をいただきましょう。


   



お腹もふくれたので、また坂道を下っていきましょう。


   あ♪ お着物のお姉さんたちだわ!

   とっても綺麗なのだわ!





 
舞妓さんの衣装でお散歩できるという企画が、若いお嬢さんたちの間で

流行ってるって聞きましたが、素敵ですねぇ。



おや、また路地がありますよ? 少し入ってみましょう。

おぉ 素敵な建物が建っています。 「五龍閣」とあります。








説明書きがあります。

この建物は清水焼の窯元であり、碍子や義歯まで製造し財を成した

松風家の元私邸で、京都大学建築科の創始者武田五一の設計に

よるものだそうです。 現在はカフェとなっています。



この一角には湯豆腐の順正、 お菓子のおかべ屋さんもあります。







ソラちゃん、箱に好きなお菓子を選んで入れていいですよ。


       わーぃ  何にしようかしら?

       ホタルやアヤメの模様のお菓子もあるわ。

       迷うわ〜 


            ソラちゃん、早くしてにゃぁ〜   ←小声



清水坂から 「産寧坂(三年坂)」に曲がりましょう。






この坂もおしゃれなお土産物屋さんが軒を連ねています。


   くんくん 右手のお店が気になるにゃ

   ここ? 1階はうちわと和小物、2階は黒豆の専門店だわ







店員さん 「 いらっしゃいませ。 

       冷たい黒豆茶を召し上がってください。

       煎り豆、コーティング豆のお菓子のご試食もどうぞ。」


     くーん♪  いただきまーす!  ポリポリ

     ぎんちゃん、すごい・・・ すべて試食してるのだわ・・・


落ち着いたいいお店ですね。 試飲、試食もすべて無料です(笑)






こんなに種類もあると迷いますね。。。。

柚子味も抹茶味もココア味も美味しい。。。。  ポリポリ


店員さん 「少しずつ入ったセットもございますよ?」


そ、それにします(汗)






さらにお腹がいっぱいになってしまいました ・ ・ ・

ちょっと苦しいですね。



あら? このお店は

陶器の可愛い猫ちゃんが、招き猫ちゃんを見ています。







可愛いお店がたくさんあって、なかなか前に進みません。


産寧坂を下ると、次は二寧坂(二年坂)です。







この坂もおしゃれなお店がいっぱいですね。

路地もあって、入ると ・ ・ ・ またまた可愛いお店が!







  あ、トトロくんだにゃ。 ここからネコバスに乗れるんだにゃ。


  ほんとうね。 「京都二寧坂どんぐりの森」ですって。

  ジブリグッズもたくさんあるわ。








この裏手から一年坂に続きます。







ああ ここにも綺麗な舞妓姿のお姉さんが ・ ・ ・


   いいなぁ。 今度来るときはあたしも着ちゃおうかしら。


       ソラちゃんはガニマタだから大丈夫かにゃぁ ←小声で



普通なら20分くらいで歩ける坂道を

3時間くらいかかってしまいました・・・

では今日はこのへんで。 明日もどうぞお付き合いくださいませ。


     ご一緒くださってありがとうございます。   ソラ

     明日もいっしょに食べまくろうにゃ〜     ぎん





| comments(20) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
# 京都清水寺
JUGEMテーマ:にゃんこ




蒸し暑い日が続きますが、みなさま、お元気ですか?

本日もお忙しい中、「ぎんちゃん旅行クラブ」にご参加くださって

ありがとうございます。 

今回は 「ふらっと京都の旅」 です。

ぎんちゃん、ソラちゃんと一緒にのんびり京都の坂道を歩きましょう。


    ぎん   わーぃ 食べ歩くにゃ〜

    ソラ   わーぃ  京都のお土産って見るの楽しみ〜


おやおや(笑)


では、坂道を上りながらのんびり清水寺に向かいましょう。



      



清水寺は法相宗系の寺院で、平安京遷都以前からの歴史を持つ

京都でも古いお寺だそうです。 

本尊は千手観音、開基は延鎮だそうです。

では 順路に沿って歩いていきましょう。


朱塗りの「仁王門」が綺麗ですね。

右手前が「西門」 その奥が「三重塔」です。






 あらら 仁王門の前の狛犬、両方とも上を向いてお口をあけるわ

 きっと 両方とも 「おなかすいた!」って叫んでるのにゃ


ほんとう!珍しいですね。 普通は片方、閉じてます。

よっぽどお腹がすいているんですね〜




西門と三重塔を通り過ぎると、「随求堂(ずいぐどう)」があります。

大聖歓喜天(だいしょうかんきてん)や粟島明神(あわしまみょうじん)

など縁結び、安産、子育ての神仏もお祀りしています。

お堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた、胎内めぐりができます。


       入ってみましょう〜

       こわいにゃ〜






左の壁に巡らされたお数珠をさわりながら、真っ暗な廊下を歩いていきます。

わぁ ほんとうに真っ暗ですね〜 ぎんちゃん、どこですか?


        ここにゃ  すぐ後ろにゃ


ぜんぜん見えない・・・ あ、石がぼや〜んと見えてきました。 

これが「梵字(ハラ)が刻まれた随求石」ですね。 

えっとこれを廻して深く祈りましょう。 

 
       にゃにゃ〜 まわるまわる〜@〜@

       ぎんちゃん、お祈りを忘れないでね〜@〜@




では「轟門(とどろきもん)」を通って本殿に向かいます。


      にゃ? みんなが持とうとしてるのは何にゃ?


えっと・・・ 鉄錫杖(てつやくじょう:90kg)と小錫杖、高下駄です。

明治中期に奈良県・吉野で修行した修験者から奉納されたものだそうです。

修学旅行生の子たちが持ち上げようとしています(笑)







本堂では 修学旅行生の子たちが参拝をしています。

本堂は、寛永10年(1633)に再建された、正面36m、

側面約30m、棟高18mの大堂です。 大きな丸柱ですね。






本堂からの景色もいいですね。

左手には「奥の院」が見えます。 修学旅行生でいっぱいですね。







本堂の舞台から下を覗くと ・ ・ ・

音羽の滝(おとわのたき)が見えます。 清水寺の寺号の由来である霊水で

3本の筧(かけい)から水が流れ落ちています。






         おいしそうなお水にゃ


えっと、、、 飲むとご利益があって、

向かって右から健康、美容、出世だそうです。

観光用に言われているのは健康・学業・縁結びだそうです(笑)



では 順路に従ってまいりましょう。

次は「地主神社(じしゅじんじゃ)」です。

清水寺の鎮守社で縁結びの神として信仰を集めています。

若いお嬢さんたちに大人気です。






これは「恋占いの石」です。


   まぁまぁ どんな石なの?!






まず1つ目の石をさわり、目をつぶって、10mほど離れたもう1つの

守護石に辿り着くことができれば恋が叶うそうです。


こちらは2つ目の守護石です。






ではまた順路に従って歩きましょう。

次は、さっき本堂から見えていた「奥の院」です。

ここから本堂の「清水の舞台」がよく見えますね。







ここから臨む京都市街の景観も素晴らしいですね。








では、今日はこのへんで。

明日は三年坂、二年坂、一年坂を通って、高台寺まで参りましょう。


    ええっ?! 何も食べないにゃ?!


坂道を下りながら、食べ歩きしましょう。


    だめにゃ・・・  歩けないにゃ・・・

    ぎんちゃん、さっき紹介の音羽の滝水を飲むのだわ!

    そうだったにゃ。 健康、美容、出世だったにゃ!


あ、でも 3種類全部飲むと欲深いということになり ご利益が消えて

しまうということもあるそうですよ。 選んで飲んでくださいね。


では、今日はこのへんで。


     みなさん、ご一緒くださってありがとう。    ソラ

     明日もいっしょに行こうにゃ〜          ぎん





| comments(16) | - | 00:05 | category: 旅行 京都 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links