ねこっちー!

黒猫ぎん(♂)と
灰猫ソラ(♀)の写真ブログ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# デンパーク・クリスマス
JUGEMテーマ:にゃんこ



お越しくださってありがとうございます。


昨日の続きです。



サンタさんの町で楽しく遊んだ2人は


急に心配になりました。





ソラ   きっと mimi さんが心配してるわ



ぎん  夕食の時間に間に合うかにゃ?





2人の心配はまったく違う内容でした。


2人は名残惜しかったのですが、お家に帰るため


メルヘンの待つ「銀色の森」に向かうことにしました。






それを聞いたサンタさんのひとりが


親切にも2人を森まで連れて行ってくれました。





「銀色の森」はその名前の通り、銀色に光っていました。













 ソラ  まぁ すてき! オーナメントも銀色だわ




サンタ  ぎんちゃん、ひとつ取ってなめてごらん




 ぎん  いいの? ぺろん♪ 


     うん、冷たくて甘いお砂糖の味がする












メルヘン  ぎんちゃん、ソラちゃん、待ってたよ。


       サンタさんの町は楽しかった?





  ぎん  とっても楽しかった! 来年も来ていい?




メルヘン  もちろんだよ!




 サンタ  来年はニッセたちと一緒に


      お手伝いに来てくれると嬉しいなぁ。





  ソラ  ええ、ぜひそうするわ。










2人はメルヘンに乗り込みました。


メルヘンは2人と、道案内のサンタさんを乗せて


シュシュ ッポッポッポッポ と


楽しげな音を立てながら、


空に向かってゆっくり上り始めました。





そのときです。


ヒューッ という音と共に


幾つかの光の玉が空に駆け上がりました。














   パン  パン  パン  パン




美しい花火が真っ黒な空に次々と開きました。




   パン  パン  パン  パン























メルヘンはきらめく花火の間を抜け、


夜の空を飛んでいきました。


眼下には光の天使やニッセたちが小さく見えました。






       






光の広場の真ん中にあったツリーも


小さくぼんやり見えました。





       




やがてメルヘンはゆっくり速度を落とし


ぎんちゃんとソラちゃんの住むマンションの


屋上に降りました。





ありがとう、メルヘンさん、サンタさん


とっても楽しかったにゃ!





ありがとう。 みなさんによろしくね!













ぎんちゃんとソラちゃんは


メルヘンと一緒についてきてくれたサンタさんに


お礼をいいました。



メルヘンはにこにこしながらサンタさんを乗せ


夜空にふわっと飛び上がり、


マンションの上をくるりと一周まわり、




  メリークリスマス!  ッポッポッポ!



  メリークリスマス!  ホッホッホ!






そう言うと、そのままゆっくり夜空に消えていきました。





2人はしばらく夜空を見上げていましたが


やがて階段を降り、


mimi の待つお家へと帰っていきました。











  ぎんちゃんとソラちゃんの


  デンパークのクリスマスのお話、


  これでおしまいです。


  ご精読、ありがとうございました。







前回の昼間のデンパーク  →  2012年5月28日


デンパークオフィシャルHP →  デンパーク










 

| comments(20) | - | 00:05 | category: デンパーク・クリスマス |
# デンパーク・クリスマス
JUGEMテーマ:にゃんこ


お越しくださってありがとうございます。 


昨日の続きです。


ぎんちゃんたちは夢の汽車「メルヘン」に 


クリスマスの国に連れてきてもらいました。






ソラ   こんばんは。 あたしはソラです。


ぎん   ぼくはぎんちゃん。




ニッセ  クリスマスの国へようこそ!


   ぼくたちは北欧の妖精ニッセっていうんだよ。


   いつもはみんなの家の納屋や屋根裏に住んでいて


   作物や家畜を見守っているんだ。


   クリスマスの季節になるとサンタさんの


   お手伝いもするんだよ。


 


  





                     
       ってってってって





 まぁ そうなの〜


 このちっちゃい子たちもニッセさんなの?





 うん。 


 この子たちはクリスマスの国に来る子たちが


 迷子にならないように道を教えてくれてるんだよ。





     ってってってって










     ってってってって




ソラ  ではこのちびニッセさんたちに着いて行けば


    サンタさんの町に行けるのね。






メルヘン  ぼくは道を知ってるんだけどね。。。











     ってってってって




ぎん  ちびニッセさんの列がこの方向に続いているにゃ


    この道は正しい。





メルヘン  だからぼくは道を知ってるんだけどね。











天使さんの光が見えてきました。 


サンタさんの町もすぐそこです。




   シュシュ  ポッポッポッ




光る木々の間に 家々の屋根が見えてきました。


楽しそうな音楽も聞こえてきます。


サンタさんのお手伝いをして


忙しく走り回っているニッセたちや


遊んでいる子供たちも見えます。






   さあ、着いたよ。 









   わぁ! きれい!


   町中が光で飾られてるわ。






2人はメルヘンに案内されて


サンタさんの町を回りました。












ツリーにはオーナメントやリボンがいっぱいにゃ!





  
ボールのオーナメントにはチョコが入ってるよ。


1つ、もらっていいよ。






ありがとう!




   








まぁ! お店には可愛いグッズもいっぱいだわ!





ポットや台を選んで自分でリースが作れるんだよ。





楽しそうだわ










ああ・・・ソラちゃんがこういうお店に入ったら


もう出て来にゃい・・・ 


ぎんちゃんは何かごはんを食べたいです。






うん、ではレストランに案内するね。


遊び終わったら町の奥の「銀色の森」に来てね。


そこで待ってるから。






ええ、ありがとう。 じゃああとでね〜







ぎんちゃんはレストランに連れて行ってもらい


ちゃっかりごはんを食べました。


















もぐもぐ もぐもぐ


シチューもステーキも


焼きたてのパンもすっごくおいしい♪








   ご精読ありがとうございます。


   明日に続きます。










 

| comments(27) | - | 00:05 | category: デンパーク・クリスマス |
# デンパーク・クリスマス
JUGEMテーマ:にゃんこ



ある日のことでした。


ぎんちゃんとソラちゃんは、遅くまでお外で遊んでいて


気づくとあたりは薄暗くなっていました。





ぎん  たいへんにゃ! もう真っ暗にゃ!




ソラ  まぁまぁ! こんな遅くまで遊んじゃった。


    冬って日暮れが早いわ。 急いで帰らなくちゃ








二人は大慌てで走り出したそのときでした。


どこからか


シュシュ ポッポッポッ 


という楽しげな音が聞こえてきました。


そしてまわりが少し明るくなりました。


二人は不思議に思って振り返ると、そこには・・・





  こんばんは〜


  きみたち、大丈夫? 迷子の子供?


  だったらお家まで乗せていってあげるよ?












ソラ  あらあら! あなたはだれですか?





メル  ぼくはメルヘン。 


    クリスマスには、子供たちを乗せて


    サンタさんの町に案内するんだよ。




ソラ  迷子ってわけではないけど、


    お家に向かって急いでいます。





メル  そうなの? 


    じゃあ乗せていってあげる。


    よかったらサンタさんの町も案内するよ。





ぎん  それはうれしい!


    ぜひお願いしたいにゃ♪







こうして二人はメルヘンに乗せてもらい、


サンタさんの町を


少し覗いてみることにしました。




   シュシュ ポッポッポッ




遠くに灯りが見えてきました。




   シュシュ ポッポッポッ









  まぁ きれい!


  光のトンネルだわ!





     シュシュ ポッポッポッ











トンネルを抜けると、そこは光の広場でした。










広場の真ん中には大きなツリーが立っていました。


ツリーも光で輝いていました。











  まぁ なんてきれいなの!


  クリスマスの曲も静かに聞こえてくる・・・


  ん?






その曲に混じって


小さいけれどたくさんの声が聞こえてきました。





 こしょこしょ クスクス  


 こしょこしょ クスクス



 メルヘン号がきたきた だれかが乗ってるよ?


 小さいあたまと大きなあたまが見えるよ?


 かわいいお耳もついてるよ?













  明日に続きます。












 
| comments(18) | - | 00:05 | category: デンパーク・クリスマス |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links